今朝は缶のサラダチキン使ってパスタを作った

夜勤明けの夫が、帰宅する朝はあわただしい。が、この頃は、ついつい眠る事に時間をさいてしまうわたし。
「ご飯炊かないと」
なんて日は、それでも。7時前に起きて、準備をしなければならない。夫も夫で。優しいんだか、あきらめからか、小うるさく
「起きろ」
とも言わなくなった。
「起きられないなら、俺、弁当買って来て喰うわ」
でも、そう毎度々、夫に出来合いの弁当を食べさせるなんて。その辺、主婦の意地というものが、わたしの中にあるらしい。

ご飯を炊かない朝は、…んじゃぁ、パスタかな。ホールトマトの缶詰。缶のサラダチキン。玉ねぎ。人参。
少し深めのフライパンで野菜を炒め、缶のトマトを2粒程投入。そこへサラダチキン。が、
「あっ!?」
あらかじめほぐしてあるフレーク状のチキンを想像してたら、ナント。小さなチキン片が2つ。どたん、と鍋に入った。この形状って、缶詰としてどうなの。しかし、木べらで潰すと、難なく綺麗に解れてくれた。
「ほォ〜っ」
しかも。1缶に入ってるチキン2つが、全て解れると、すーごいかさ増しになるのネ。ツナより細く、たっぷりなチキンのほぐし身。味もあっさり、クセが無い。中に入ってるスープも投入。

味付けは、顆粒チキンスープ少々。ケチャップ。とりあえず、ケチャップ入れておけば、ナポリタンみたいな味になるし、夫にとっては、そういう味付けが食べやすく、落ち着くのだ。
そこに今日は。コク出しの、液体赤みそを足し、煮詰めておしまい。
茹で立てのパスタを、ソースの中へ入れ、ちょっと馴染ませて皿に盛り付ける。

こういうトマトソース系のパスタは、少々急ぎ気味の朝でも、他のおかずを作りながら、煮詰めておく事ができる。パスタも、レンジで茹でられる容器があるから、湯を湧かせない時はソッチ。という風。ご飯が無い時の為、パスタの買い置きはかなり便利という事だ。

トマト色のこってり煮えたソースパスタ。出来立て熱々の一皿に、粉末チーズを添えて。何1つとして、豪華な食材を使ったワケでは無いのに、なぜか、ちょっぴり手のこんでる料理に見えてくる。何せ美味しい。やっぱり、手作りの朝食を、出来るだけ作り続けていきたいなぁと思う。