地震断層や地震帯などについて修練しました

地震について習得しました。地震断層は、過去にくり返し地震を起こしていることが多いです。第四紀に活動し、今後も活動すると窺える断層を活断層といいます。活断層は、大きな地震がくり返し起こったポイントであり、活断層によるグラウンドの変位のくい違いが積み重なると、大きな高度差となって地形に現れます。大キャパシティーな活断層は直線状のものが多いので、その行いでできた地形も直線状の境界を出すことが多いです。震源ではPはやりとSはやりが同時に発生しますが、Pはやりのほうが速く通じるので先に到着します。PはやりゴールからSはやりゴールまでの日数をP-S日数(出だし微動長続き日数)、その間のPはやりだけの地震動を出だし微動といいます。震源までの距離が遠いほどP-S日数が長いだ。震源距離に関するタイプを大森形といいます。地震は地球上の特定の野原に集中して起こっていることがわかります。震央が林立し帯状に連なって映る地帯を地震帯といいます。地震帯の多くは、プレートの境界に位置していらっしゃる。ずいぶん習得しました。http://www.poieodesign.co/