少ない大横綱九重親方(千代の富士)が亡くなった

近ごろ花形の絶命が多い。
大橋巨泉、永六輔、中村博子君。
もったいない個々が亡くなって出向く。
九重親方も7月3一年中になくなったと。
横綱千価格の富士はウルフと言われ、スゴイ強さを発揮した。
その職歴も偉大であった。
なんでも膵臓がんだったとか。
貴乃花もういういしい時に、手早く上がってこいと言われたとか。
当時は雲の上の個々だったと。
その太い胸におっかなびっくり意識でぶつかって言うのを思い起こすとか。
優しい単語もかけていただいて感激したとか。

またもとモンゴルの横綱早朝青龍も悲しいかな、哀しいかなと嘆いていた。
角界の多くの人がその死を悲しんでいた。
この間北の海が亡くなったばかりですのに。
著しい個々が次から次へとなくなって行く。
相撲受けとりは早や死にやる人が多い。
前もって無理に食べさせて無理に肥やすのが五臓六腑に重圧を生じさせているのかも。
しかしとっても厳しい作用をしているのに、なぜなのだろう。
それ程強い競技なのだろうか。

近ごろは60年代を超えてきた発想があるが、皆長寿やるものだ。お金 借りる 5万