2日光続けて参観日光。めんどくさい!!と思っていたら…

前日は中学生の参観日光でした。
中学生に入って2回眼の参観日光。1回眼は子供達から圧力オーラを感じたけれど、取り敢えず2回眼ともなるとあんまり感じられない…
必ずや学園やカリキュラムにも慣れてきてるからなのかなと、ちょっと安堵しました。
授業は数学。
息子の苦手プログラムでした。
残念ながら、作戦を挙げるルックスは見れませんでしたが、真剣な表情で黒板とメモ用紙を見つめ、回答合わせでは丸をつけていたので、恋人なりに頑張っているルックスを見極める事が出来ました。

そして、本日は小学生の参観日光でした…
正直めんどくさい!
しかし、行かない趣旨には行かず。やっぱり己にはそういう振る舞いは見せず正しく行ってきましたよ。
スクールを眺めて
「…なんかあなた、小さい」
前日中学校を見たせいですね。この前の参観日光では、成長したなと思いましたが、今回はやけに薄く感じました。
それに私服のせいか、小さい気配もしましたね。
授業は国語。
子どもの苦手プログラムですが、さんざっぱら張り切って望んでました。
平和にすすむ授業。
脱線すると大テンションして、ベース花盛りな授業に、そういえば前日はスマイルが起こっても早速真面目に切り替わっていたなと思いました。
しかし、いつまでもふざけてはいられない。小学校らも時間は要するものの真面目な顔にチェンジして、子どもも年中発表してました。
間違えても安心!という優しい風情が苦手プログラムなのに繋がりなく作戦を挙げられていたんですね。

2日光続けて見て、小学生と中学生の差を物凄く感じました。

情熱長期間花盛りな小学校らも場面がたてば、本当に転換の望める中学校になっていくんだな。

楽しみでもありつつ、まさか淋しい気もします。

今だけの小児のルックスをちゃんと見ておきたい。
と思った二日間でした。ミュゼ100円だけ